蓼科の清水、極上の佐久鯉、山菜、きのこなどの山の幸。そして、丁寧な仕込み。どれを欠いても、旨い味の料理は生まれません

  • 山の幸
  • 山の幸
  • 山の幸
  • 山の幸
  • 山の幸
  • 山の幸

春日の地ならではの食材を活かして、新鮮さと出来たてにこだわり、お料理をお出ししています。ミネラルウォーターのような清水で、さっと洗い流し締めた鯉の洗いや、朝食のアツアツな卵焼き。モーニングコーヒーは、温泉水を使用した柔らかで優しい味わいです。

地の素材は、四季を通じてさまざまな表情を見せてくれます

  • 地の素材
  • 地の素材
  • 地の素材
  • 地の素材
  • 地の素材

蓼科の清水で育まれた佐久鯉は、桜井地区の淡水魚養殖の名店から仕入れていますので、不思議なくらい臭みがありません。当館にて飼育している鶏たちは新鮮な玉子を生んでくれます。また、椎茸や松茸、山菜などの山の幸もご提供しております。
※献立は季節、仕入れ状況によって変わります。

お品書き

・鯉の旨煮・鯉の洗い・わかめときゅうりとタコの酢の物・自家製玉子の茶碗蒸し・厚揚げと地元野菜の煮物・地元野菜を使った鶏鍋・名産地桜井産のニジマスの塩焼き・季節野菜、山菜の天ぷら・漬物・ご飯

厨房から漂う香りは、否応なく食欲をそそります

  • 厨房から漂う香り
  • 厨房から漂う香り
  • 厨房から漂う香り
  • 厨房から漂う香り
  • 厨房から漂う香り
  • 厨房から漂う香り
  • 厨房から漂う香り
  • 厨房から漂う香り
  • 厨房から漂う香り
  • 厨房から漂う香り
  • 厨房から漂う香り
  • 厨房から漂う香り

山小屋のような食堂には、鹿の角や「山の版画家」と称される畦地梅太郎画伯が1958年に描いた「白い像」を展示しております。版画を眺めつつ地酒でいっぱいやりながら、料理の出来上がりを待つとしましょう。